2015年12月09日

コーヒーの熱でスマホを充電する近未来



室内の熱効率をどのように高めていくか。その大実験が世界中で始まり、様々なプロダクトが登場し始めているのが現代だ。サーバーから発せられる熱を利用し暖房にする「Nerdalize」や暑い時には熱を吸収し、寒くなったらその熱を解放して部屋の温度を快適に保つデスクを作る「ZEF」などは象徴的事例である。


そして「Space10」も、まさに同じようなコンセプトを新たな角度から体現しようとするテーブルを開発している。テーブルの上に置いたものから発せられる熱を電気に転換し、スマホなどの充電に使えるという新たな発想だ。



生活をしていればテーブルの上には、熱を持ったものを度々置く。例えば、ご飯や味噌汁、ポットやお茶を入れたカップ、またノートパソコンなどの電気機器も置くだろう。


しかしそこから発せられる熱は、全て空中に放出されるだけで無駄になる。…というよりも、そもそもここが無駄であるという意識すらなかったのが私たちだろうが、その無駄を削減しようというのがSpace10の発想である。現代の社会を変えるプロダクトは、”認識の変化”から新たな概念を生み出しているものが多い。



Space10は温度の違うもの同士の熱移動によって電気を発生させることができるという基本的な法則を利用している。もちろん、このコンセプトはテーブルだけには止まらないだろう。温度差のあるものが接するプロダクトでは様々応用がきくはずだ。


来年日本では、電力小売りの完全自由化が大ムーブメントを起こす。具体的には、あらゆる家庭が電気料金だけでなく、通信費、ガス代まで含め生活におけるエネルギー利用をもう一度見直すキッカケが提供される。


そして、その時代の次を見据えるのが、ご紹介したような新たな概念である。完全オフグリット社会になるまではまだ時間はかかるだろうが、そのビジョンを目指して社会を変える新たな概念が登場し始めるのがこの2010年代である。



出典・画像リンク:Social Design News




posted by hide at 19:42 | Comment(0) | ■ デザイン・モノづくり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月03日

クリスマスに「スノーマン」


img_main.png
この時期になると、ちょっと観たくなりませんか?
後半の空を飛ぶシーンが好きです・・不朽の名作「The Snowman - スノーマン」
もちろん多くの方がすでにファンだと思いますが、改めて・・

「The Snowman - スノーマン」
STORY
ある朝、少年ジェームズが目覚めると、窓の外は一面の銀世界!ジェームズはおおはしゃぎでうんと大きな雪だるまを作ります。雪だるまが気になって眠れないジェームズ。ふと窓の外を見ると、その雪だるまが動き出しました!そして、ジェームズはスノーマンと空を飛んだり、ファーザー クリスマス(サンタクロース)と会ったり、夢のような時間を過ごします。

原作は1978年に出版されたレイモンド・ブリッグズ原作の絵本。
そして1982年に映像化したアニメーション作品。
絵本もアニメーションも、本編には文字が無く、絵のみで物語を描写しています。
そのため、他言語版を発行するのも容易で、結果、世界中で人気を得る作品となったようです。



そのスノーマンの続編映像アニメーションが2012年にでています。
「The Snowman and the snowdog - スノーマンとスノードッグ」
STORY
少年ビリーが引っ越した家の床下に隠されていた、ある箱をみつけます。その中には、グリーンの帽子、スカーフ、石炭、しなびて硬くなったオレンジ・・・そして、スノーマンと1人の少年の写真が・・・ある雪の降る日、ビリーは見つけた箱の中にあった写真を見ながら、スノーマンと、死んでしまった愛犬を思いながらスノードッグを作ります。その日、真夜中の鐘がなると、スノーマンとスノードッグが魔法のように動き出すのを見てしまいます。そして、ビリーとスノーマン達の一夜限りの幻想的で胸躍る冒険がはじまります。

改めて観ましたが、子どもの頃に感じたワクワクした不思議な気持ちが理解できそう・・前作や続編をそんな気持ちで観てしまいました。
クリスマスアドベントのこの時期、時間があればぜひどうぞ☆


2012年のクリスマスにイギリスで放送された「The Snowman」の続編アニメーションのイントロダクション動画


Snowman メイキング動画


出典・画像:http://www.plazastyle.com/


    


posted by hide at 11:46 | Comment(0) | ■ 日記・ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月30日

カメラで代用のミラーレス車・・国交省が解禁へ

2e5f403a727a25dc64ad715bb2b464d3_s.jpg

2016年6月にも新基準 死角減少に期待・・

国土交通省が、道路運送車両法が定める自動車の保安基準を改定し、乗用車やバス、トラックに備わるすべてのミラーをカメラとモニターで代用することを認めるらしい。
交通事故の減少を狙い、運転中ドライバーの死角をなくすカメラを普及させて、ミラーが全くない新型車が公道を走れるようになるようです。



【上】死角を消す新型車のモニター(イメージ)
【下】従来のトラックの死角(上から見たところ)

自動車の国際基準を定めている国連の「WP29・自動車基準調和世界フォーラム」が今月、一部のミラーに限定していた代用をすべてのミラーに拡大することを決定しました。新しい基準は2016年6月に発効する見通しだそうです。

確かに右ハンドルの場合、特に大型車で左折時に巻き込み事故が多い・・それを補う的確な位置に、カメラ、モニターがあると事故が減ることは確実でしょう。またバック時や前方直前にも必要かもしれません。
夜間対応のシステムでさらに安全になっていきそうです。

しばらくは現在のミラーの補助として設置するようですが、各社とも、いつかは完全ミラーレスに移行・・デザインやスタイリングも大きく変化し、よりスタイリッシュになってゆくと思われます。

さらに詳しくは・・出典・画像リンク:mainichi.jp


posted by hide at 12:23 | Comment(0) | ■ デザイン・モノづくり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ファン

過去ログ