2015年10月09日

スマートフォンのユニバーサルデザイン

Léo Marzolf氏のデザイン提案

特に目の不自由な人を意識してデザインされたスマートフォン。
確かに今のスマートフォンは、目の見えない人の使用を拒絶している。

全ての人がノンボーダーで使用できることが、ユニバーサルデザインの基本コンセプト・・
スマートフォンも含めて、その他多くのタッチ式の機器で、こういう試みがたくさん現実になると良いですね。

まだコンセプトモックアップの段階のようですが、開発メーカーもこのような提案を大いに受け入れる体制が整うことを願うばかりです。



















posted by hide at 07:53 | Comment(0) | ■ デザイン・モノづくり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月15日

Solar Bean Cooker





■ 太陽の豆の料理道具 ■


太陽熱を利用した調理器

オリジナルのネーミングは Bean Cooker ですが豆だけではなく何でも料理できるようです

最大300度の熱を使用し、タイマーで調整可能

オートトラッキング太陽光線集中装置を内蔵・・いつも太陽に向かって放物面反射鏡を動かします

どんなサイズのポットでもフィットし、簡単に水を沸騰させる事ができます



大変軽量な梱包で・・もちろん二酸化炭素排出がありません

ベランダで使用するのも良いかもしれません


-------------


ちょっと大げさですが、コレからの季節これで芋煮会とかBBQとか良いですねw

ダッチオーブンが使えたら更に良いのですが・・

それと、燃料を使用しないので災害時には有効!






Designer: Nir Beit-av
http://networkedblogs.com/7RQL7







posted by hide at 18:17 | Comment(0) | ■ デザイン・モノづくり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月08日

BABY CALL デザイン




新橋のデザイン事務所時代の仕事です。
販売が1988年ですから26年前、実際の仕事はその一年くらい前でしょうか。

「BABY CALL」・・赤ちゃんの音声モニターです。
ベッドの側に設置し、赤ちゃんの泣いている声などをUHF帯(900MHz)の電波を通して、忙しいお母さんがポケットなどに入れた子機でモニターする機器です。

日本ではあまり見かけませんが、アメリカ辺りの大きな家では必要とされていたのでしょうね。この機器も輸出向けでした。
検索すると、たくさんの同じような機器がヒットしますが、この「BABY CALL」は当時としては、この手の機器のはしりだったような気がします。

当時SONYのゼネラルオーディオデザイン部門は、品川の御殿山の近く、閑静な歴史を感じさせる建築などがある通りにあり、新橋の事務所から30分と比較的近く・・頻繁に通いました。

「My First Sony」も少しお手伝いさせていただきましたが、ほぼ同時期だったような記憶があります。

検索時に偶然見つけたこの画像・・懐かしいです。
当時の仕事、スケッチやホワイトモデル、SONYの担当者、時々呑みに行った五反田付近のお店などの記憶が一気に甦りましたw

※「BABY CALL」あれからだいぶ進化してこんなカタチになっておりました。
依然欧米では需要があるらしい・・

※「My First Sony」も検索しこれがヒットしましたが、残念ながら現在品切れでした。








posted by hide at 16:59 | Comment(0) | ■ デザイン・モノづくり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ファン

過去ログ