2015年11月10日

エクストリームアーバンフィクシー・・街乗りバイクのデザイン提案


特にバイクが好きなわけではありませんが・・引き続きバイクの話題

コンセプトの核となるアイデアは、伝統的なピストバイクや電動バイクの革新的な技術の力を組み合わせることです。
このバイク「KTM ION」のために新たに設計された電気エンジンを中心に構築・・それはなんとサスペンションのない固定フレームを持ちます。

デザインは、純粋さ、冒険、性能、およびメーカーとしてのKTMのビジョンも表している。 その独特のエキソ構造フレームデザインは、自転車のようにその強度と精度を持つロードバイク。街乗りのために作られたこの「ION」は、都市環境に最も適応した運転環境を作りだします。

デザイナー: Daniel Brunsteiner
KTM(KTM Sportmotorcycle AGとは、オーストリアのオートバイ、モペッド、自動車、自転車の製造会社)


出典






posted by hide at 10:54 | Comment(0) | ■ デザイン・モノづくり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月09日

両輪駆動バイク ホンダCB160Eデザイン



デザイナー:ジェームズシュトゥンプ が個人的に制作したこのバイクは、車輪軸、ホイールを無くすことがコンセプト。
このオンリーワンのバイク「HONDA CB160E」は超現代的なバージョンであり、彼の古典的なバイク「HONDA CB160」へのオマージュです。


このバイクの制作は概念的なアイデアを基にしていますが、電気エンジンは将来のオートバイのためのベース/青写真であることを証明しようとしており、エコに配慮した設計を行いました。
組み込まれアップグレードされた機能のいくつかは「電子ツイストスロットルおよび電子ツイストブレーキ」を含みます。
全体のデザインは固体ハブモータ周りに注目されています。
両輪駆動のMagDriveホイールは160マイルで時速100マイル達すると推定されています。
ジェームズシュトゥンプは引き続きこの設計・デザインを行っていき、2016年には販売できるようにしたいと考えています。

レトロ感と超現代的なイメージの融合は、古き良き時代にHONDAに憧れたあの記憶を、また思い出させてくれるのではないでしょうか。販売形態は大量生産ではないかもしれませんが、その時を楽しみにしたいと思います。

※この「HONDA CB160E」は古典的なバイク「HONDA CB160」のへのオマージュであり、デザイナー:ジェームズシュトゥンプが個人的に制作したコンセプトモデルです。HONDA が関わっていないものと推測されます。


出典




posted by hide at 04:48 | Comment(0) | ■ デザイン・モノづくり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月07日

安価なワインやウィスキーを高級なお酒に仕上げる「木製ボトル」




一部の人達の豊かさを上げることではなく、人類全体の豊かさの平均を上げること。それが今、求められている方向性。
Kickstarterで資金調達をしている「Oak Bottle」にもその思想が宿っている。
こちらはワイン樽などの熟成の際に使われるオーク材で作られたボトル。
ワインやウィスキーなどを数時間から長くて2日間程度ボトルに入れておくことで、どんなお酒も高級な風味に変貌させるというコンセプトです。


味わいと風味を高めるボトルといっても、どんなオーク材をどのように加工しているかでプロダクトの品質は変わる。そこにこだわりながら1本1本丁寧に手で作られているオークボトルには、職人の魂が宿っているのです。
伝統的な熟成技術を民主化し、より美味しいお酒を誰もが飲める社会へ挑む。お酒が飲めない人であっても、応援したくなるプロダクトです☆



posted by hide at 08:47 | Comment(0) | ■ デザイン・モノづくり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ファン

過去ログ