2015年10月20日

MDR-EX90SL インナーヘッドフォン

もう8〜9年位愛用している SONY の MDR-EX90SL というインナーヘッドフォン。
その間も何種類か使用してみたが、やっぱりコレに戻ってきてしまう。


すでにSONYのロゴは消えてしまい所属不明な状態ですが、音は依然として衰えていない。
中高音は伸びやかで、低音もしっかりしていているが、必要以上にブーストされていない。不自然さを感じさせず今でも充分に水準以上の音である。
特にストリングスの倍音の美しさ、ボーカルのリアリティは最も気に入っている。

長く使用しているとエイジングが進み歪みも軽減してくるのか、今ではコースティック音源にますます適してきた。透明感のあるキース・ジャレットのピアノや、アンナー・ビルスマの無伴奏チェロ、ビル・エヴァンスのソロなどは本当に美しい。
もしかしたら当初からこの状況を予想して音作りがされているのかもしれない、と思うくらいである。

ちなみに感動する音楽は、基本的に音の美しさやクオリティーには影響されないと思っている。しかし演奏者の息づかいやアタック音のリアリティで、その感激や感動はさらに深くなっていく。いずれにしても理屈ではなく、感じることでしょうか・・

エイジングでややソフトになったのか、ロック系のハードなディストーションはやや迫力不足かもしれない。 iPod との間にヘッドフォンアンプを入れている(写真下)が、それが正解かどうかも不明・・多少迫力が出てきたような気もするが。
またイヤーピースを交換することで音が変化するのも楽しい。

今まで何度かコードが断線したりしたが、半田ごてをにぎり何とか自分で修理した。
あと何年使用できるか解らないがメンテナンスをしながらでも楽しみたいものです。

ちなみに販売時には、しっかりした革のハードケースが附属している。
販売当時のSONYの力の入れ方が伝わってくる。





posted by hide at 18:29 | Comment(0) | ■ グッズ・ホビー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月07日

Kindle






本をよく読むのですが、最近は電子書籍が多い・・というよりほどんどコレである。
ここのところ老眼がだいぶ入ってきているので、何と言っても文字の大きさを変えられる(もちろん大きくw)、それに白黒反転できる点が良い。

電源を入れれば即続きが読めるし、これで本専用の眼鏡をいちいち取り出す煩わしさが無くなった。
電車の中では必ずこれで読書している・・運良く座れたりすると寝てしまいますが。

ただ一つ・・現在使用している電子書籍リーダー・Fire HD 6 が、以前使用していた Kindle Paperwhite より少し重い・・まぁ持ち歩いていた iPad よりは軽量ではあるが。
それと充電に少し気を遣わなければいけない・・といっても3〜4日は充電不要 。

Fire HD 6 はベースOSが Android ・・
iPad とほぼ同じようなアプリが揃っていることと、裏技を使えば iCloud のデータが読めるようになり iPad が不要になったのだ。
もちろん画面の大きさは6インチと小さいが、少しフォントを大きくすれば特に問題は無い。

本のこと・・

Kindleストアーには数々の本がUPされているが、わたしの読む80%位は小説。
残りは仕事関係の専門書、今流行の自己啓発的な本はほとんど読まない。

小説のジャンルは多岐にわたる(取り留めがないとも言う)
時代物も好きだし、SFやミステリー、宗教関連も少し・・特に若かりし頃夢中で読んだ、司馬遼太郎氏をもう一度読み直してみたりもしている。

その中で最近特に良かったのは・・
ボーン・コレクター」 ジェフリー・ディーヴァー著, 池田真紀子訳 
ちょっと恐い骨収集犯のミステリー







posted by hide at 18:20 | Comment(0) | ■ グッズ・ホビー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月05日

マイクロフォーサーズシステム(Micro Four Thirds System)



マイクロフォーサーズ、いわゆるミラーレス一眼と言われるカメラなどを中心とした撮影機器の規格。

最近、訳あってLUMIXブランドのマイクロフォーサーズ規格のカメラを使用しはじめました。

LUMIXというのはパナソニックのカメラブランド・・家電メーカーということで最初はちょっと躊躇しましたが、実際に使用してみると、これがなかなか具合が良いのです。

というより、このメーカーは結構本気でカメラを開発している姿勢が覗える気がします。

特に設定などのメニューがとても解りやすいし・・初見である程度の事はできてしまうし・・
この辺は一般的な広範囲なユーザーを対象に開発してきた家電メーカーの強みなのでしょうか。

カメラ専門のメーカーは見習うべき部分なのかもしれません。






筆者は35mmフィルムカメラ、そしてデジタルなってからもCanonを使用・・もちろんCanonも優れた機材を開発している事は充分承知しています。

デジタルはAPS-Cという少しボディーが小さく設定できる規格でしたが、それでも最近歳のせいか、持ち歩くにはちょっと重いし、大きいのです。

機材というより、私の側の問題ですが・・

なのでこの小ささ、軽さはありがたい・・持ち出すのに躊躇する事は少なくなりそうな気がします。

しかし小さいがゆえのホールドの心細さ、操作系のぎこちなさは多少慣れが必要かもしれない。
また光学ファイダーに慣れてしまっているのか、電子ビューファインダーにはちょっと戸惑うこともあります。






撮影の用途は、主に仕事やクライアントの情報記録、製品やモノの記録など・・手軽に、でもキッチリと確実に、そしてある程度タフに撮影できることが条件。

当初はこの小さなカメラで不安もあったが、問題なくその目的を果たしてくれそうな感触です。


マニアの視線から見ると、もの足りない部分や未熟な部分も多いかもしれないのですが・・
でもそれも素直に受け入れたうえで、しばらくはこのカメラでいってみようと思います。


Link > マイクロフォーザーズ規格





posted by hide at 21:06 | Comment(0) | ■ グッズ・ホビー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ファン

過去ログ