2015年11月30日

カメラで代用のミラーレス車・・国交省が解禁へ

2e5f403a727a25dc64ad715bb2b464d3_s.jpg

2016年6月にも新基準 死角減少に期待・・

国土交通省が、道路運送車両法が定める自動車の保安基準を改定し、乗用車やバス、トラックに備わるすべてのミラーをカメラとモニターで代用することを認めるらしい。
交通事故の減少を狙い、運転中ドライバーの死角をなくすカメラを普及させて、ミラーが全くない新型車が公道を走れるようになるようです。



【上】死角を消す新型車のモニター(イメージ)
【下】従来のトラックの死角(上から見たところ)

自動車の国際基準を定めている国連の「WP29・自動車基準調和世界フォーラム」が今月、一部のミラーに限定していた代用をすべてのミラーに拡大することを決定しました。新しい基準は2016年6月に発効する見通しだそうです。

確かに右ハンドルの場合、特に大型車で左折時に巻き込み事故が多い・・それを補う的確な位置に、カメラ、モニターがあると事故が減ることは確実でしょう。またバック時や前方直前にも必要かもしれません。
夜間対応のシステムでさらに安全になっていきそうです。

しばらくは現在のミラーの補助として設置するようですが、各社とも、いつかは完全ミラーレスに移行・・デザインやスタイリングも大きく変化し、よりスタイリッシュになってゆくと思われます。

さらに詳しくは・・出典・画像リンク:mainichi.jp




posted by hide at 12:23 | Comment(0) | ■ デザイン・モノづくり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


ファン

過去ログ