2015年11月11日

ストラタシス社 UAV「3Dプリントジェットフライト」



240kph出力ジェット駆動のUAV(Unmanned aerial vehicle 無人航空機)、ストラタシス社とパートナーのオーロラフライトサイエンス社は、3Dプリンター機能の驚異的なデモUAVを開発しました。
私たちは最近すこし冷静に3Dプリンターの環境を眺めていたが、ストラタシス社は、そのいくつかの重要なポイントを証明しようしているデモを行い、このベンチャーは間違いなく言及に値すると確信した。

多くの3Dプリンターメーカーがが直面している課題は、3Dプリンターの実行可能なプロセスに懐疑的なメーカーを説得すること。
ストラタシス社は、特に航空宇宙開発などの、3Dプリンターの最も有益な効果に適しているいくつかのメーカーをターゲットにしています。

私たちはストラタシス社の最新のデモに立ち会いました。
飛行に成功したこのUAVは、オーロラフライトサイエンス社の設計チームと提携し、80%の3Dプリントパーツから作られたました。
作成されたパーツは金属および他の材料の他に、UAVの大部分はFDM(プラスチック押出成形)技術から作られました。



結果UAVにはジェット電力が供給され、そして驚くべきことは240kph(毎時150マイル)の速度に達することができるということです。 動画でのUAVが巧みに信じられないほどのスピードで空を飛行している様子は驚きを隠せません。

ストラタシス社は3Dプリンターに関してここで2点を実証しました。

まず、彼らは明らかに3Dプリント技術で、機能性製品レベルのUAVを作成することができることが示されています。
現実社会のマシンで使用できる事を、3Dプリント部品の能力を懐疑的な人は見直しが必要とされます 。
ストラタシス社は、このテストでの長期耐久性を実証しておりませんが素晴らしいスタートを切りました。

第二に、このような製造装置を迅速に設計し、比較的低コストで製造構築できることが示されてきました。
彼らのこのUAVは、設計は半分の工数で従来の開発手法の工数を構築できると主張しています。 彼らはより複雑な部品を使用して設計作成するために、3Dプリンターの能力を活用すること。 これらにより少ない組み立て時間で作製されています。
繰り返しますが、これは3Dプリンターに懐疑的なメーカーを説得するためのものです。




 




posted by hide at 09:25 | Comment(0) | ■ デザイン・モノづくり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


ファン

過去ログ