2015年11月09日

両輪駆動バイク ホンダCB160Eデザイン



デザイナー:ジェームズシュトゥンプ が個人的に制作したこのバイクは、車輪軸、ホイールを無くすことがコンセプト。
このオンリーワンのバイク「HONDA CB160E」は超現代的なバージョンであり、彼の古典的なバイク「HONDA CB160」へのオマージュです。


このバイクの制作は概念的なアイデアを基にしていますが、電気エンジンは将来のオートバイのためのベース/青写真であることを証明しようとしており、エコに配慮した設計を行いました。
組み込まれアップグレードされた機能のいくつかは「電子ツイストスロットルおよび電子ツイストブレーキ」を含みます。
全体のデザインは固体ハブモータ周りに注目されています。
両輪駆動のMagDriveホイールは160マイルで時速100マイル達すると推定されています。
ジェームズシュトゥンプは引き続きこの設計・デザインを行っていき、2016年には販売できるようにしたいと考えています。

レトロ感と超現代的なイメージの融合は、古き良き時代にHONDAに憧れたあの記憶を、また思い出させてくれるのではないでしょうか。販売形態は大量生産ではないかもしれませんが、その時を楽しみにしたいと思います。

※この「HONDA CB160E」は古典的なバイク「HONDA CB160」のへのオマージュであり、デザイナー:ジェームズシュトゥンプが個人的に制作したコンセプトモデルです。HONDA が関わっていないものと推測されます。


出典






posted by hide at 04:48 | Comment(0) | ■ デザイン・モノづくり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


ファン

過去ログ