2015年10月05日

マイクロフォーサーズシステム(Micro Four Thirds System)



マイクロフォーサーズ、いわゆるミラーレス一眼と言われるカメラなどを中心とした撮影機器の規格。

最近、訳あってLUMIXブランドのマイクロフォーサーズ規格のカメラを使用しはじめました。

LUMIXというのはパナソニックのカメラブランド・・家電メーカーということで最初はちょっと躊躇しましたが、実際に使用してみると、これがなかなか具合が良いのです。

というより、このメーカーは結構本気でカメラを開発している姿勢が覗える気がします。

特に設定などのメニューがとても解りやすいし・・初見である程度の事はできてしまうし・・
この辺は一般的な広範囲なユーザーを対象に開発してきた家電メーカーの強みなのでしょうか。

カメラ専門のメーカーは見習うべき部分なのかもしれません。






筆者は35mmフィルムカメラ、そしてデジタルなってからもCanonを使用・・もちろんCanonも優れた機材を開発している事は充分承知しています。

デジタルはAPS-Cという少しボディーが小さく設定できる規格でしたが、それでも最近歳のせいか、持ち歩くにはちょっと重いし、大きいのです。

機材というより、私の側の問題ですが・・

なのでこの小ささ、軽さはありがたい・・持ち出すのに躊躇する事は少なくなりそうな気がします。

しかし小さいがゆえのホールドの心細さ、操作系のぎこちなさは多少慣れが必要かもしれない。
また光学ファイダーに慣れてしまっているのか、電子ビューファインダーにはちょっと戸惑うこともあります。






撮影の用途は、主に仕事やクライアントの情報記録、製品やモノの記録など・・手軽に、でもキッチリと確実に、そしてある程度タフに撮影できることが条件。

当初はこの小さなカメラで不安もあったが、問題なくその目的を果たしてくれそうな感触です。


マニアの視線から見ると、もの足りない部分や未熟な部分も多いかもしれないのですが・・
でもそれも素直に受け入れたうえで、しばらくはこのカメラでいってみようと思います。


Link > マイクロフォーザーズ規格







posted by hide at 21:06 | Comment(0) | ■ グッズ・ホビー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


ファン

過去ログ