2015年08月12日

クライマーズ・ハイ


1985年8月12日、JAL123便、御巣鷹山墜落事故。

実際に記者として日航機墜落の取材をした作家・横山秀夫氏が自らの体験を反映した作品。

新聞記者という体験から、リアリティーのある生々しい描写を期待してはいけない。
むしろ人の行動や心・気持ちの動きの中で、当時の状況を詳細に描くことによりリアリティーを高めています。

映画やドラマで観られた方も多いと思いますが、横山秀夫氏の真骨頂とも言えるこの作品・・ぜひ読んでみることをお薦めします。


あの大惨事から28年・・JAL123便が御巣鷹山に墜落するまでの飛行ルートや時間経緯を、TVでリアルタイムで伝えていたのを思い出します。

改めて事故で亡くなられた多くの方々に、謹んで哀悼の意を表させていただきます。









posted by hide at 12:25 | Comment(0) | ■ 本・読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


ファン

過去ログ