2015年10月07日

Kindle






本をよく読むのですが、最近は電子書籍が多い・・というよりほどんどコレである。
ここのところ老眼がだいぶ入ってきているので、何と言っても文字の大きさを変えられる(もちろん大きくw)、それに白黒反転できる点が良い。

電源を入れれば即続きが読めるし、これで本専用の眼鏡をいちいち取り出す煩わしさが無くなった。
電車の中では必ずこれで読書している・・運良く座れたりすると寝てしまいますが。

ただ一つ・・現在使用している電子書籍リーダー・Fire HD 6 が、以前使用していた Kindle Paperwhite より少し重い・・まぁ持ち歩いていた iPad よりは軽量ではあるが。
それと充電に少し気を遣わなければいけない・・といっても3〜4日は充電不要 。

Fire HD 6 はベースOSが Android ・・
iPad とほぼ同じようなアプリが揃っていることと、裏技を使えば iCloud のデータが読めるようになり iPad が不要になったのだ。
もちろん画面の大きさは6インチと小さいが、少しフォントを大きくすれば特に問題は無い。

本のこと・・

Kindleストアーには数々の本がUPされているが、わたしの読む80%位は小説。
残りは仕事関係の専門書、今流行の自己啓発的な本はほとんど読まない。

小説のジャンルは多岐にわたる(取り留めがないとも言う)
時代物も好きだし、SFやミステリー、宗教関連も少し・・特に若かりし頃夢中で読んだ、司馬遼太郎氏をもう一度読み直してみたりもしている。

その中で最近特に良かったのは・・
ボーン・コレクター」 ジェフリー・ディーヴァー著, 池田真紀子訳 
ちょっと恐い骨収集犯のミステリー









posted by hide at 18:20 | Comment(0) | ■ グッズ・ホビー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


ファン

過去ログ