2015年11月24日

インテリア指向・最近のBang & Olufsen(バング&オルフセン)


デンマークのBang & Olufsen(バング&オルフセン)といえば、設計・デザインでは世界的な評価を得ているオーディオ機器メーカー。

日本のオーディオとはひと味違うコンセプトを持つ高級音響機器を数多く手がけている。

ブラックアンドシルバー、黒と金属をベースにシックなデザインのオーディオ機器は、こだわりを持つ方のお宅に行くと時々目にする。

従来のバング&オルフセンと言えば、そんなオーディオとしてのコンセプトを貫く機器が多かった。



そのバング&オルフセンに、最近「B&O PLAY(ビーアンドオープレイ)」」というシリーズが加わった。

音楽を楽しむのはもちろん、もっとシンプルで気楽に音楽を暮らしの中で楽しむことをコンセプトにした、インテリア志向のシリーズである。



2015年4月に発売になったポータブルスピーカー「Beoit15」は、2012年に発売の「Beoit12」のシリーズ機種。ダイニングやキッチンにさりげなく置かれて、雑貨や食器の中でも違和感がないデザイン。

家具やインテリアの世界で有名な、コペンハーゲン在住の女性デザイナー「セシリエ・マンツ」のデザイン。「音楽はコーヒーやケーキ、ワインのように、ライフスタイルの中になくてはならないもの」・・そんな感覚からデザインしたという。

ちょっとオシャレなバッグという感覚で、持ち運びを可能にするストラップは本革。


「True360」という、どこにでも手軽における、4面・360度から高品質の音が広がる設計。

ブルートゥースで手元のiPhoneやiPadなどの端末とペアリングでき、手元から操作できる。サイズは230×189×135oとコンパクトで、重さもわずか2.7キロ。



そしてさらに小型バッグ感覚で持ち運びができるスピーカー・・ 「BeoPlayA2」、これもセシリエのデザイン。

前者とはまた違うコンセプトで、よりファッションを意識した感覚のスピーカーである。

内部バッテリーで最大24時間、Bluetooth4.0対応で外出時も気軽に音楽を連れて行ける。

金属・アルミウムのコアとプレートにはさみこまれるスタイリング。

こちらも360度、上下左右関係なく音が広がる設計である。

色はグレー、グリーン、ブラックと限定色のブラックカッパー。









今までのB&Oのデザインとはちょっとちがった路線のオーディオ機器・・しかしその根底に流れる基本コンセプトはしっかり継承し、さらに新しい音の環境を提案していく姿勢は、やはり注目すべきメーカーである事にはまちがいないだろう。今後の展開にも目が離せない。


出典/画像リンク:Exite.ism


  




posted by hide at 11:30 | Comment(0) | ■ デザイン・モノづくり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月23日

ビッグジョブをこなす、リトルトラクターデザイン




Harmanは、小さなフィールドから大きな庭園やブドウ畑等までの使用を設定して設計された、大変コンパクトなミニトラクターです。

デザイン(設計)は、その小さなサイズにもかかわらず、充分な仕事をこなす事ができることで、ミニトラクターのカテゴリーに新たな視点をもたらします。


車両が高速で移動できるように、パワーユニットから伝わる2つの駆動輪は、ボディのほぼ中心に配置し、そのパワーをキャタピラでグランドに伝える設計。

このキャタピラシステムは最大限の快適さで動作する特殊なダンパーシステムで衝撃を吸収します。

小回りの利くコントロールはハンドルの代わりにジョイスティックで制御することが可能になりました。


パワーユニットは主に車両の中心に配置し、シャシーは重量のバランスをとるために適度な重さが必要で、前部分に器具を装着したときに、ちょうど良いバランスになるように設計されています。


デザイナー:Sinan Anayurt












出典/画像リンク:YANKO DESIGN


posted by hide at 12:17 | Comment(0) | ■ 日記・ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月22日

「Sony Design: MAKING MODERN」京都展開催

screenshot_456.jpg

デザインはSONY・・かつてはそう呼ばれ他社の追従を許さなかった。
日本のデザインレベルの底上げをし、次々と斬新な製品を世に送り出していたあの頃。
私はちょうどその頃、外部のデザイナーとしてソニーに出入りし、いわゆる「ゼネラルオーディオ」と呼ばれるカテゴリーで海外モデルを含み、いくつかデザインさせていただいた。
今ではPC使用が当たり前となっているが、当時スケッチやレンダリング、図面など、まだ超アナログな手作業の時代・・でも美しい流れるようなラインやサフェースなどは、未だに感覚や手作業による試行錯誤でしか得られない部分も多いのです。

歴代ソニーデザインを3日間限定で一堂に展示する「Sony Design: MAKING MODERN」
春の銀座展で好評だった歴代モデルを展示。
京都造形芸術大学 瓜生山キャンパス「瓜生館」で11月27日から11月29日まで開催される。

以下公式Webより・・・

Sony Design: MAKING MODERN

「人のやらないことをやる」ソニーのチャレンジ精神を体現するソニーデザインとは何か?ソニーが新たな価値をお客様へ届けるとき、新規ビジネスを立ち上げるとき、それらをブランドコミュニケーションとして伝えるとき、デザイナー達は何を考え実践しイノベーションを進めているのか。2015年のソニーデザインを代表する近作に加え、春の銀座展で好評だった歴代モデルのデザインを3日間限定で一堂に展示します。

さらに、ソニーデザインの今を知り、明日のデザインを考えるトークカンファレンスを期間中に開催。ソニーデザインのメンバーとともに秋の京都でデザインイノベーションについて一緒に考えましょう。
2015.11.27 Fri - 11.29 Sun 入場無料

※ 11.28 Satにトークカンファレンスを開催いたします。
会場     京都造形芸術大学 瓜生山キャンパス
京都市左京区北白川瓜生山2-116
主催     ソニー株式会社
プロデュース     ソニー株式会社 クリエイティブセンター 
市川 和男(プロデューサー)

公式HP:
http://www.sony.co.jp/SonyInfo/design/info/makingmodern_kyoto/index.html


posted by hide at 05:45 | Comment(0) | ■ 日記・ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ファン

過去ログ