2015年09月15日

Solar Bean Cooker





■ 太陽の豆の料理道具 ■


太陽熱を利用した調理器

オリジナルのネーミングは Bean Cooker ですが豆だけではなく何でも料理できるようです

最大300度の熱を使用し、タイマーで調整可能

オートトラッキング太陽光線集中装置を内蔵・・いつも太陽に向かって放物面反射鏡を動かします

どんなサイズのポットでもフィットし、簡単に水を沸騰させる事ができます



大変軽量な梱包で・・もちろん二酸化炭素排出がありません

ベランダで使用するのも良いかもしれません


-------------


ちょっと大げさですが、コレからの季節これで芋煮会とかBBQとか良いですねw

ダッチオーブンが使えたら更に良いのですが・・

それと、燃料を使用しないので災害時には有効!






Designer: Nir Beit-av
http://networkedblogs.com/7RQL7









posted by hide at 18:17 | Comment(0) | ■ デザイン・モノづくり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月14日

思いつき

何かを思いついたとき、サッとメモができる小さなノートがいつも身近にある。
デザイン作業だけではなく、設計や打合せ、それと遊びのメモも同じレベル。

私の場合、思いつきは動力源。
「思いつき」・・世間ではあまり好ましくない言葉のようです。

当然そういう場面もあるだろうが、我々がアイディアを出す場合には、この「思いつき」から始まるのです。
緻密な計算や判断などしていては、その面白さがどこかに飛んで行ってしまうのです。

それと「思いつき」は決して空から降ってくるわけではなく、その人の生い立ちや経験、凝縮された人生から、の一点の光のように湧き出てくるのです。だから面白い

もちろん思いついただけではなく、それを次のステップに持ち上げてゆく作業が必要ですが・・


思いついたアイディアは全て使えるわけではなく、100コの思いつきがあっても、最終組まで残るのは1〜2コくらいでしょうか。
でも100コが無ければ貴重な1〜2コも出現しません。

またいつもスムーズにアイディアを思いつくわけではなく、悩み、考え、時には神様の力を借りることも・・冗談ではなくです。

世の中には、KJ法、NM法、SCAMPER法、マインド・マップ・・などたくさんのアイディア発想の方法があり、それぞれ優れた方法です。

私はほとんどの場合マインド・マップ・・マインドマップは一人ででき、また思いもよらないワードが出現することもありる、そこが好きな点。

ですのでそのモードに入ると様々な手段を駆使し、当たり前の思いつきから、現実不可能な、どなたかに叱られそうなアホみたいな事まで、とにかくドンドン思いつかせます。

しかし一般的には現実不可能なアホみたいな思いつきはどうなの?!・・と思われるかもしれません、当然ですが・・
でも実はこのアホアイディアが最終選考まで残る確率が非常に高いのも事実。

もちろんそのままでは単なるアホアイディアなので、その思いつきを理路整然と解りやすくレベルアップして現実のものしてゆく・・そのプロセスがまたおもしろいのです。

だからいつもアホみたいなことを考えてる・・というより私がアホかもしれませぬ(笑)



思いつき・アイディアの限界を宇宙の果てまで拡散させて・・
それを集約させて現実まで引き戻し、リアルなものへとしてゆく・・

ユーザーと向き合うこの仕事、初めは単なる思いつき、そしてユーザーに対する優しさや思いやりを、しだいにカタチや仕組みを整えて現実のものにしてゆく・・私の好きなプロセスのひとつです。













posted by hide at 18:37 | Comment(0) | ■ グッズ・ホビー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月08日

BABY CALL デザイン




新橋のデザイン事務所時代の仕事です。
販売が1988年ですから26年前、実際の仕事はその一年くらい前でしょうか。

「BABY CALL」・・赤ちゃんの音声モニターです。
ベッドの側に設置し、赤ちゃんの泣いている声などをUHF帯(900MHz)の電波を通して、忙しいお母さんがポケットなどに入れた子機でモニターする機器です。

日本ではあまり見かけませんが、アメリカ辺りの大きな家では必要とされていたのでしょうね。この機器も輸出向けでした。
検索すると、たくさんの同じような機器がヒットしますが、この「BABY CALL」は当時としては、この手の機器のはしりだったような気がします。

当時SONYのゼネラルオーディオデザイン部門は、品川の御殿山の近く、閑静な歴史を感じさせる建築などがある通りにあり、新橋の事務所から30分と比較的近く・・頻繁に通いました。

「My First Sony」も少しお手伝いさせていただきましたが、ほぼ同時期だったような記憶があります。

検索時に偶然見つけたこの画像・・懐かしいです。
当時の仕事、スケッチやホワイトモデル、SONYの担当者、時々呑みに行った五反田付近のお店などの記憶が一気に甦りましたw

※「BABY CALL」あれからだいぶ進化してこんなカタチになっておりました。
依然欧米では需要があるらしい・・

※「My First Sony」も検索しこれがヒットしましたが、残念ながら現在品切れでした。








posted by hide at 16:59 | Comment(0) | ■ デザイン・モノづくり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ファン

過去ログ